会社概要​

 

​企業理念

​Tradition

神事・祭事・茶道・華道から​生活日用品に至るまで、竹は日本人にとって身近な存在でした。

現在の日本では日用品は安価に大量生産できるプラスチック製に置き換わってしまい、私たちから遠い存在となりつつあります。

当社は創業明治41年(1908年)以来、別府の地において竹材・竹加工品の製造・販売を行なっています。

竹の製造は非常に様々な工程を踏むものであり、どの工程においても設備・技術・ノウハウの継承が一度途絶えると、それを復活させることは非常に困難です。

​当社は文化・伝統工芸が次世代において機能されるよう、産業としての個性の開発に取り組み、別府・大分の竹文化ひいては日本の竹文化の一端を担えるような存在でありたいと考えています。

​Craftsmanship

創業明治41年(1908年)より脈々と受け継がれた技術にて、竹本来の姿・形をそのまま活かしたオンリーワン製品を製造しています。

集成材を用いない伝統的な製品群をベースにしながらも、新しい用途・デザイン・色合いの開発に取り組んでいます。

​また、一つ一つ丁寧な検品を行い、発送・保管時の防カビ・防虫にも対策を施していますので、幅広い用途で製品をお使いいただけます。

​Eco-friendly

​自然循環による排出物活用に取り組み、環境保全に努めています。

SDGsにかかる取り組みも積極的に進め、大分の豊かな自然と調和した生産活動を推進しています。

​廃棄物の利用例
_i_icon_15370_icon_153700_256.png
袋.png
cow.png
袋.png
_i_icon_15182_icon_151820_256.png

​竹加工

​竹おがくず発生

​家畜用敷料

​畜ふん堆肥化

​農地肥料

​メディア

​TV関連
 

2020年3月29日

 

2020年1月15日

 

2020年1月12日

 

2019年10月31日

 

2019年9月14日

 

2019年9月12日

 

日本テレビ​:「音のソノリティ」(毎週日曜日20:54〜21:00)

RKB毎日放送:「ぞっこん九州」(毎週木曜日19:00放送)

 

読売テレビ:「遠くへ行きたい」​​(毎週日曜日7:00〜7:30)

 

大分朝日放送:「じもっと!OITA」

 

TOS:「ほっとはーとOITA」(毎週土曜日11:30〜11:45)

 

テレビ東京:「二代目和風総本家」(毎週木曜日21:00〜21:54)​

 
出版物​​
 

2020年8月

 

2020年6月30日

 

2019年9月

 

清流出版:「月刊 清流」

 

日本政策金融公庫総合研究所:「経営者の引退、廃業、事業継承の研究」

 

公益財団法人 大分県産業創造機構:「創造おおいた」

 
​新聞
 

2020年12月30日

 

2020年7月16日

 

2019年2月17日

 

2019年2月12日

 

2019年2月1日

 

大分合同新聞:別府駅の東口玄関にも門松登場​

 

大分合同新聞:「県産米と県産竹の飯ごうセット」

 

朝日新聞(夕刊):「別府の竹文化危機乗り越えて」「唯一の製竹所、業界支援で再生」​

朝日新聞:「万丈の天日干し 今年も」

 

大分合同新聞:「別府の美 支えるやぐら 工芸用の竹を天日干し」​

 

​永井製竹の概要